糖尿病になるとお菓子はどのくらい食べてもいい?

糖尿病は生活習慣病のひとつです。遺伝的な要因もありますが、乱れた食生活などの生活習慣が大きく影響していると言われています。

 

お菓子ばかり食べていたり、脂っこい食事やファストフードばかり食べていると「肥満」になります。肥満になると糖尿病になる確率はグッと高くなると言われているのです。

 

お菓子ばかり食べていると糖尿病になるというわけではありませんが、糖尿病になる確率を減らすためにもお菓子は食べすぎないようにしたいものです。

 

では、実際に医師に糖尿病だと診断されたら、お菓子は食べてはいけないのでしょうか。
もちろん「お菓子や間食はしないにNG」と指導する医師もいます。

 

しかし、お菓子や間食はストレス発散の場だったり癒しの時間だという人もいると思います。
たとえ糖尿病になっても、食べすぎなければお菓子は食べても良いのです。

 

では、どのくらいの量なら食べても良いのでしょうか。まず、お菓子は食事ではありません。
「1日の摂取カロリー」を超えないようにしましょう。

 

身長や普段の活動レベルにもよりますが、糖尿病になると
1日の摂取カロリーを1600〜1800kcalほどに抑えることが多いです。

 

お菓子を食べたためにこの「目標カロリー」をオーバーしてしまったのでは意味がありませんので、
だいたい200kcalほどを目安にしましょう。

 

気にするのはカロリーだけではなく、脂質や糖質の量も気にしなければいけません。
この点を踏まえると、洋菓子より和菓子のほうが良いと思います。

 

おすすめは遠藤製餡のゼロカロリー和菓子です。ゼロカロリーにくわえ、
糖質も極力抑えているのでまさに「糖尿病患者でも安心して食べられる」お菓子なのです。

 

甘いお菓子が食べたいなと思ったら、ぜひ遠藤製餡のゼロカロリー和菓子を食べてみてください!