糖尿病だとお菓子はだめ?

糖尿病になると、基本的には食事療法が始まります。

 

糖尿病は「血糖値の上昇」が問題とされている病気なので、食事療法では「いかに血糖値を上昇させずにすむか」に焦点をあてて考えます。

 

血糖値を上昇させるものは、炭水化物などの糖質や脂質などです。糖尿病になると、これらを含む食べ物が制限されます。

 

糖尿病の人が主食である「ごはん」をあまり食べないのは、ごはんが血糖値を上げてしまうからなのです。

 

これらの点を踏まえて、糖尿病になると「お菓子」は食べてはいけないと思っている人が多いです。
実際、医師によっては「お菓子を禁止」とする人もいるようです。

 

確かに糖尿病になると「食べても良いもの」と「食べてはいけないもの」があるのは事実です。
糖分の多いもの、脂質の多いものは基本的にはNG、
そして「1日の総カロリー」を超えないように気を付ければ良いのです。

 

とは言え、「お菓子」はバターや小麦粉、砂糖はもちろん、
「糖尿病患者が食べてはいけないもの」が含まれているものが多くカロリーも高いです。

 

そのため「お菓子はだめ」というイメージがあるのです。
洋菓子より和菓子のほうがヘルシーですので、どうせ食べるなら和菓子のほうが良いですね。

 

糖尿病でも安心して食べられるお菓子、それは「遠藤製餡のゼロカロリー和菓子」です。
お菓子は食べないに越したことはありませんが、ストレスを貯めるのも体にはよくありません。

 

ストレスにならないように、ゼロカロリー和菓子を食べてみてください。
遠藤製餡のゼロカロリー和菓子は、ゼロカロリーとは思えないほどのおいしさで人気が高いお菓子です。

 

お菓子好きの人でも、きっと満足できると思います。