お菓子の食べ過ぎで糖尿病になる?

よく、「お菓子や甘いものばかり食べていると糖尿病になる」という話を聞いたことがありませんか?糖尿病は「糖」という文字がつくため、甘いものが影響しているというイメージがあります。

 

しかし、糖尿病は必ずしも「甘いもの」が原因となるわけではありません。

 

糖尿病の原因は遺伝的なものもありますが、多くは「2型糖尿病」と呼ばれる生活習慣の乱れによるものです。

 

最近増えている子供の糖尿病は、お菓子やファストフードなどの乱れた食生活が原因だと言われています。

 

つまり、「お菓子を食べ過ぎると糖尿病になる」わけではありませんが、
「お菓子の食べ過ぎは2型糖尿病の誘因にはなる」ということです。

 

一般的なお菓子は、多くの糖質や脂質、人工甘味料などを含んでいます。
このようなものを毎日たくさん食べていては、肥満になってしまいますね。

 

肥満は糖尿病の原因になりますし、糖尿病になっては大好きなお菓子も制限されてしまいます。
そんなことにならないように、日頃からお菓子の食べ過ぎには気を付けなければなりません。

 

肥満にならないために、食事は1日3食バランス良く食べましょう。
海藻などの食物繊維から食べると良いですよ。

 

お菓子を食べるときは、「何を食べるのか」が重要です。
おすすめは「遠藤製餡のゼロカロリー和菓子」です。

 

ゼロカロリーとは思えないほどおいしく、つい病み付きになってしまうお菓子なのです。

 

お菓子の食べ過ぎは良いことではありませんが、
遠藤製餡のゼロカロリー和菓子ならたとえ食べ過ぎでしまっても安心です。