糖尿病でも食べられる手作りお菓子のレシピについて

生活習慣病のひとつでもある「糖尿病」を患うと、治療の第一歩として「食事制限」が始まります。

 

糖尿病の原因とも考えられている肥満を改善すると同時に、食事によって「血糖値が急激に上がる」のを防ぐという意図もあります。

 

血糖値を急激に上昇させる主なものは、「脂質」と「糖質」です。具体的には、白米、小麦粉、砂糖、バターなどたくさんあります。

 

糖尿病の人が炭水化物を制限するのは、炭水化物が「糖質」だからです。糖尿病の人が制限しなければならないのは、炭水化物だけではありません。
一般的な「お菓子」も、制限の対象になります。お菓子は小麦粉や砂糖、
バターなどをたっぷりと使って作られているからです。

 

このようなお菓子は脂質、糖質、カロリーのすべてにおいて高いため、
糖尿病患者には厳禁とされています。

 

とは言え、お菓子や間食は癒しの時間でもあります。すべてを断つのは難しいでしょう。
市販のお菓子を食べるより、手作りするほうが良いでしょう。

 

手作りなら自分に合ったものが作れますし、添加物なども使わずにすみます。
目安としては80kcalほどで、寒天やゼラチンを用いたゼリーや羊羮などがおすすめです。

 

少量で満腹感を得られるものが良いですね。砂糖ではなく、
スーパーなどに売られている代替甘味料を使うと更にカロリーを抑えて甘味を出すことができますよ!

 

しかし、お菓子を作るのは面倒だと思う人もいるでしょう。
そんな人は「遠藤製餡」のゼロカロリー和菓子はいかがでしょうか。

 

糖尿病患者でも安心して食べられる、おいしい和菓子として評判なのです。

 

手作りするのが一番ではありますが、
ストレスにならないようにすることも大切なのではないでしょうか。